スマホメニュー

バラ芯芽茶のご購入はこちら

グァバ茶に含まれるビタミンEの効果・効能

  1. ホーム
  2. グァバ茶に含まれるビタミンEの効果・効能

グァバ茶に含まれるビタミンEの効果・効能

バラ芯芽茶やグァバ茶、シジュウム茶には、ビタミンEが多く含まれています。
多くの食品に自然に含まれるビタミンEですが、中でもほうれん草やブロッコリーなどの緑色野菜に多く含まれています。
当ページでは、抗酸化作用を持ち、生活習慣病予防に有効とされるビタミンEの効果・効能についてご紹介をしてまいります。

タミンEを摂取することで期待できる効果

なぜビタミンEが必要か

ビタミンEは、抗酸化作用を持つビタミンです。
その役割としては、細胞膜の機能維持や免疫機能の強化、また一部の癌や神経疾患の予防にも効果的といわれています。
強力な体のサビ取り効果があり、若返りのビタミンとも言われています。
ビタミンEを摂ることで血液の流れをスムーズにしてくれたり、抗酸化作用によるアンチエイジング効果に期待できます。
また、血液の流れがスムーズになることで冷え性や肩こりに対し効果が期待されるだけでなく、栄養素が体の隅々まで届けられやすくなります。
特に、ビタミンAやビタミンCと一緒に摂ることによって、相乗効果が生まれるとも言われています。
その他にも、ホルモンバランスを整えてくれたり、自律神経を安定させてくれる効果があるので、生理障害や更年期障害、生殖機能の衰えにも効果的です。

んな方は要注意!ビタミンEを意識して摂りましょう

ビタミンEを摂取することで期待できる効果

ビタミンEが不足すると、過酸化脂質ができやすくなります。
過酸化脂質とは、中性脂肪やコレステロールなどの脂質が活性酸素によって酸化されたものです。
過酸化脂質が増えることで、癌や動脈硬化など生活習慣病を引き起こしやすくなるだけでなく、老化やシミの原因でもなります。
また、不妊症や生理不順、更年期障害などの婦人科系の疾患の方は、ビタミンEが足りていない可能性があります。
ビタミンEは油脂に溶けやすいと言われています。
緑黄色野菜や豆類などを植物油で炒めることで、効率よく摂ることができます。
ビタミンEは血行促進の効果もあるので、肩こりや冷え性、頭痛・腰痛など体の痛みがある方も、意識してビタミンEを摂るべきといえるでしょう。

日の健康のために、バラ芯芽茶を

毎日の健康のために、バラ芯芽茶を

一芯ニ葉の会(いっしんふたばのかい)では、台湾原生、グァバの新芽だけを使用した健康茶「バラ芯芽茶(ばらしんめちゃ)」を輸入販売しております。
ポリフェノール、ファイバー、テアニン、リン、鉄分、カリウム、硫酸カドミウム、ビタミンA・B2・C、カルシウムなどの体に必要な栄養素が豊富に含まれていて、尚且つ無農薬・カフェインレス。
健康志向の高い方にぜひ飲んでいただきたい健康茶です。
お年寄りや妊婦さん・小さいお子様にも、安心してお召し上がりいただけるでしょう。
また、グァバの茶葉はクセが無く飲みやすいとも言われています。
そんなグァバの茶葉をひとつひとつ丁寧に摘み、独自の製法で作っているからこそ、毎日飲みたくなるような美味しいお茶に仕上がっています。

ティーパックタイプだからいつでも気軽に飲める
ティーパックタイプだからいつでも気軽に飲める

バラ芯芽茶はティーパックタイプだから、持ち運びが便利。
ご家庭ではティーポットに予め作ってテーブルの上においておけばいつでも飲めますし、職場では水筒やペットボトルに入れていったりマグカップに熱湯を注いで一杯ずつ飲むのもいいでしょう。
無農薬・有機栽培で栄養素がたっぷりのバラ芯芽茶ですが、多くの健康茶は継続的に飲み続けることに意味があります。
飲みやすくて持ち運びにも便利だからこそ無理なく続けることが出来ますし、継続することで免疫力が上がり様々な病気の対策にもなるのです。

  • お得な定期購入セット
  • ひとまずお試し 単品購入

お得な定期購入セット

ひとまずお試し 単品購入

※定期は送料無料、1ヶ月に1度のお届けとなります。

Copyrighit©T・I companyAll righit Reserved.