Untitled Document

スマホメニュー

バラ芯芽茶のご購入はこちら

グァバ茶を飲み続けることで期待できる効果

  1. ホーム
  2. グァバ茶を飲み続けることで期待できる効果

グァバ茶を飲み続けることで期待できる効果

一芯二葉の会が取り扱うバラ芯芽茶は、台湾で有機栽培された土芭楽(どばら)の新芽(一芯二葉)だけを手摘みしてつくられた健康グアバ茶です。
台湾原生の土芭楽は非常に健康的で栄養素が高く、その新芽だけを一つ一つ丁寧に手摘みして作られたのがバラ芯芽茶です。
このバラ芯芽茶は希少価値が高く、日本では「一芯二葉の会」のみで販売しています。
当ページではグァバ茶、特にバラ芯芽茶を飲み続ける事によって期待できる効果についてご紹介をさせていただきます。

ァバ茶について

グァバ茶について

皆さんはグアバという果物をご存じでしょうか?
日本では沖縄や鹿児島の一部以外新鮮なグアバはほとんど出回っていません。
缶入りのジュースなどで紅い色のグアバジュースは目にしたことがあるかと思います。日本では馴染みの薄い果実ですが、実は大変豊富な栄養素を持った果実です。
1個でビタミンC はおよそ600mg。
1位はアセロラで、3位のレモンより多い量のビタミンC を保有しています。
ビタミンC の一日当たりの摂取推奨量は成人で100mgとされていますから、グアバを0.2個摂取すると一日の必要量が足りることになります。
ビタミンC は非常に強い抗酸化作用があり、全てのビタミンの種類の中で人体に最も多く必要とされるビタミンです。
グアバにはこのビタミン以外にも様々な栄養素が含まれています。

このように、温暖な気候の地域で太陽の光と熱をたくさん受けて育つグアバには、たくさんの健康の元になる栄養素が含まれています。
さらに素晴らしいのはその果実にだけでなく、グアバはその葉の方にも非常の多くの栄養がある事が認められています。
その最も代表的なものがグアバの葉にだけ含まれる「グアバ葉ポリフェノール」と呼ばれる栄養素です。
このグアバ葉ポリフェノールは糖尿病をはじめとする現代病にはなくてはならない栄養素として非常に注目を集めています。
もちろん果実に多く含まれるビタミン類もグアバ葉にはたくさん含まれています。このようなことからグアバの葉を用いたグアバ茶は世界各国で珍重がられているのです。

台湾原生の土芭楽(どばら)について

一芯二葉の会が販売するバラ芯芽茶は、先にご説明したように台湾原生の土芭楽の葉を100%材料としています。
一般のグアバとの違いをご説明しますと、土芭楽の果実は食用としていません。
食用果実のためのグアバとは違い、果実のために品種を改良したものではありません。
土芭楽の果実はとても小さく、その為栄養分を果実に吸収されず、葉の中にたっぷり含んでいるといえます。
高さも高木ではなくずんぐりとした樹木です。
台湾で強い陽光を受けしっかりと大地に根付いて育ちます。
更に、バラ芯芽茶に使用する土芭楽は農薬をまったく使用せず、他の植物からは独立した場所で育てています。無農薬などについては台湾で各種の検査を受けて承認されています。(TUV 400項目、SGS 426項目にて検査承認)

その土芭楽について、台湾の大学と台湾彰化県社頭郷農協との協力で土芭楽について研究が行われました。
そして無農薬でつくられた土芭楽の新芽に含まれる成分はインスリン分泌の促進、血糖値の低下、酸化を抑制する効果があると発表されました。
さらに研究の結果、このグアバ葉ポリフェノールががん細胞にだけ働きかけ、アポニシス(自然死)を促して癌細胞消滅を助けることがわかりました。
土芭楽新芽に含まれる成分が、ハツカネズミの実験から前立腺癌細胞の増殖を抑制するという直接的な証拠も発見されています。

このように、無農薬で育った土芭楽の葉は、非常に栄養価が高く、安心して飲めることが研究結果からも実証されています。
バラ芯芽茶は、その土芭楽の新芽だけを100%丁寧な手作業により摘み取り、加工し飲みやすいティーバッグの形状にしました。
味は渋みなどが全くなく、香りもソフトで口当たりもさっぱりしています。 一芯二葉の会が販売するバラ芯芽茶は1包を約300ccの熱湯で抽出する、または水出しにも適しています。一年中毎日飲用可能でティーバッグの為ご旅行や移動の際も便利に利用できます。
カフェインは緑茶のわずか150分の1の量です。
したがって年代や飲む時間などを問わず、睡眠の前などでも安心してお飲みいただけます。

ァバ茶を飲み続ける事により期待できる効果について

グァバ茶を飲み続ける事により期待できる効果について

台湾では古くから、グアバ茶を健康維持や栄養補給のために欠かせない食品だと重宝してきました。
最新の学術研究によると、グアバ茶には以下のような効果があると分かってきました。

  • 血圧や血糖に働きかける
  • 高コレステロールの改善と予防が期待できる
  • 酸化抑制
  • 心臓疾患の予防
  • 癌に働きかける

他にもダイエット効果がある…など様々です。
含まれる成分としては、ビタミンC B1 B2 U、カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、グアバ葉ポリフェノールほか多数と豊富です。
なかでも、抗酸化作用があるビタミンC は特出した量の多さが認められ、ミネラル含有量はカルシウムが緑茶の2倍、カリウムも非常に多いとなっています。
そして、グアバの葉からのみ抽出されるグアバ葉ポリフェノールがあります。
それぞれの代表的な成分がわれわれの身体に与える効果についてまとめてみます。

血糖値の抑制

ポリフェノールはお茶、ワインなどに含まれていることがよく知られています。
グアバ葉ポリフェノールは、グアバ葉がもつグアバ葉特有の高分子ポリフェノールのことです。 そして近年、このグアバ葉ポリフェノールが血糖値を下げる効果がある事が分かり、一躍注目されるようになりました。
簡単にそのメカニズムを紹介します。

摂取された糖質(でんぷん等)を、小腸の中で糖質分解酵素の働きによって、ブドウ糖や果糖などに分解し体内に取り込みます。
この糖に分解する役目の糖質分解酵素のアミラーゼやマルターゼなどに対し、グアバ葉ポリフェノールはその活性を阻害する事が証明されています。
この働きが妨げられることにより、小腸からの糖の吸収が穏やかになり、血糖値の急激な上昇が抑えられるのです。
尚、その体内に糖を取り込む際、膵臓からのインスリンが不足すると血糖値が高くなり、この高い状態が慢性的に続くと血管が傷つきやすくなり様々な合併症の原因となります。

このようなメカニズムで糖の吸収を抑制してくれる効果がある事が認められたグアバ葉ポリフェノールですが、継続的に飲用した場合にも糖代謝の改善が示唆されました。
すでに糖尿病患者として各種飲用治療薬、または併せてインスリン治療を受けている場合にも、検査において継続飲用の効果による改善がある事とその安全性は認められています。
ある調査によると、糖尿病患者の方への検査でグアバ茶は食後高血糖を10.5%低下させるという結果が出ています。(PRACTICE Vol.21 , No.4, 2004 455-458)

このように、グアバ葉ポリフェノールを豊富に含むグアバ茶は継続飲用することにより糖尿病予備軍から糖尿病患者まで幅広く食後高血糖抑制効果が期待できます。

ダイエット効果

炭水化物を食べる際にグアバ葉ポリフェノールを一緒に取ると、吸収される糖質が少なくなり血統値の上昇を抑えるため脂肪が燃えやすい、太りにくい身体をつくれることが期待できます。
糖分は摂取し過ぎると脂肪へと変換され、身体に蓄積されてしまいます。
グアバ茶は前述の通り、糖の吸収を抑える作用があるので、脂肪をたまりにくくする効果があります。
また血液中のコレストロールを抑える効果により、血液の流れが良くなって代謝を上げることも出来るためダイエット効果が高いとされています。
グアバの果実は非常に入手するのは困難ですが、グアバ葉は日常生活の中で簡単に入手することができます。
そのうえ有難いことにそのグアバ葉の方が健康ダイエットには効果があるといわれています。

アンチエイジング効果

ダイエットを考えるうえで並行して気になるのがアンチエイジングです。
グアバの葉に豊富に含まれているグアバ葉ポリフェノールには高い抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を強力に撃退します。
またグアバの葉にはビタミンC も非常に豊富に含まれているため、美肌効果も高く、アンチエイジング効果が高く見込まれます。
グアバの葉にはポリフェノール、ファイバーテアニン、リン、カリウム、硫酸カドミウム、ビタミンA・B2・C、カルシウムなどたくさんの栄養素が多く含まれています。
これらの栄養素は老化の原因物質であるAGE(Advanced End Product=終末糖化産物)の吸収を抑え、細胞の劣化を防ぐ役割が期待できます。

美容効果

グアバの葉には、ミカンの6倍~10倍の量のビタミンC が含まれています。
このビタミンC の持つ強い抗酸化作用により、細胞の酸化を予防します。
そして女性にとって嬉しいコラーゲンを生成する際にも欠かせません。
コラーゲンには肌にハリや弾力をもたせる働きがあります。
さらにビタミンE という成分も含まれているため、肌内部の血管を拡張して代謝を上げ、ハリのある肌を蘇らせてくれると言われています。
ビタミンC、E 共に美肌効果が高いとされているので美容が気になる方にはおすすめです。

アレルギーに対する効果

グアバの葉に含まれる「セスキテルペン」という物質に、アレルギー反応を抑える作用があるといわれています。
そのため、花粉症やアトピーなどのアレルギーに効果があるとして注目されています。
また、グアバの葉を乾燥させた粉末から抽出したエキスにはかゆみやくしゃみ、気管支喘息症状を引き起こす物質を抑制する働きがあるとも言われています。

とめ

まとめ

これまでグァバ茶を飲み続けることで期待できる、様々な効果について紹介をしてまいりました。
他にも血圧の低下、高コレステロールの改善、冷え性の改善など継続飲用により様々な効果が期待されています。
これらは実際の研究でも発表されたり、飲用の効果としても報告されていることです。また、聞きなれないのですがビタミンU という成分も含まれています。
ビタミンU はキャベツから発見されたので、別名キャベジンとも呼ばれています。
ビタミンU には胃酸の分泌作用と胃腸粘膜の新陳代謝促進の2つの働きがあります。胃酸の量を調整し、過剰な分泌を抑えることで胃酸によるトラブルを防ぎ、胃の健康を保つことができます。

バラ芯芽茶をはじめとしたグァバ茶には、薬品のような即効性はありません。
ですが、日々の飲用の中で穏やかにその栄養素を体の中に取り込むことで、予防や病状の緩和などの効果が期待できます。
日々の習慣になかにバラ芯芽茶を取り込んでいただき、明るく健康な毎日をお過ごしいただけたら、私ども「一芯二葉の会」も大変な喜びです。

  • お得な定期購入セット
  • ひとまずお試し 単品購入

お得な定期購入セット

ひとまずお試し 単品購入

※定期は送料無料、1ヶ月に1度のお届けとなります。

Copyrighit©T・I companyAll righit Reserved.